きもののきらくや:札幌の着物・和装専門店です

トップ > 商品紹介


商品紹介のページ
黒留袖・色留袖
既婚女性の第一礼装着物になります。 黒の地色に裾廻しにのみ様々な染色、加工の施された着物です。 それに対し様々な地色で裾廻しのみ柄があるお着物が色留袖になります
振袖
未婚女性の第一礼装着物になります。 袖が長く華やかな柄が多い着物です。 成人式や結婚式などにお召しいただけます。
訪問着
礼装用の着物になります。 様々なお色に加工を施し、縫い目部分で柄がつながる絵羽模様になっております。 お友達や同僚の結婚式、パーティ等にお召しいただけます。
色無地
1色染めの着物です。 5つ紋を入れると留袖に次ぐ正装になり改まった式典や親族の結婚式に来ていくことが出来ます。1つ紋を入れる方が多く友人の結婚式や子供の入卒式等お召しいただけます。
喪服
亡くなられた方の遺族の装いになります。 一般的に通夜から三回忌までのご遺族がお召しになります。 染め抜き日向五つ紋付きで帯、小物は全て黒色、長襦袢と肌襦袢、足袋のみ白を用います。
小紋
小紋の基本的な格付けは普段着になります。 ご列席の方にもよりますが、パーティ形式の結婚式などでしたら ご友人の結婚披露宴等にお召しいただけます。
織の着物の代表格になります。 絹糸の段階で糸を染めてから反物に織る為やわらかものよりもざっくりとした風合いや手触りが特徴です。軽いパーティや同窓会などお洒落を楽しめる場所でお召しいただけます。
コート
着物の上に羽織る防寒やおしゃれ用にお召しになります。 おしゃれ用は薄い生地でしたら初夏や秋口等帯を傷めない事にも役立ちます。 冬はベルベット生地やカシミヤ生地などの生地を用いておしゃれを楽しんでいただけます。
袋帯
礼装用とお洒落用がございます。 形状は同じですが金銀の糸を使って織り上げた帯が礼装用になります。 礼装用に対し金銀糸を控えるか使用せずデザイン化した帯がお洒落用です。
名古屋帯
お太鼓部分を一重に結べる軽い帯として考案された帯です。 小紋や紬などに合わせていただけます。格調高い古典模様の織名古屋帯は略礼装にも合わせていただけます。
半巾帯
夏の浴衣や普段着に適した帯です。 帯の格としてはもっともカジュアルな帯になります。 金銀の糸を織り込んだ織半巾帯は軽いパーティなどにもお使いいただけます。
長襦袢
着物の下にお召しいただくお品物です。 正装用は白になります。淡い色の色襦袢は準、略礼装に向きます。 ポップな色使いの長襦袢は普段着のお洒落に隠れたおしゃれが出来ます。
夏物
盛夏の時期7月から8月にお召いただく着物です。 暑さを軽減させてくれる素材やたて糸とよこ糸の密度が粗く、 透ける生地で作られています。
浴衣
現代は花火大会やお祭りには欠かせない夏のお召し物です。 帯は半巾帯を合わせますが、大人の兵児帯や帯結びが出来なくても結ぶ事の出来る作り帯も人気です。
男物きもの
男性用の着物、礼装用、カジュアル着物です。 男性の第一礼装は黒染め抜き紋付き長着、羽織に仙台平の袴になります。 着物を始める時は着流し(袴なし)から始めるのもお勧めです。
着物の上から腰より下を覆うようにして着用します。 袴のなかに中仕切り(襠)があるものを馬乗袴、ないものを行灯袴と言います。
自分で洗える着物
主に素材はポリエステルなど家庭で手洗いできる素材を用いて製造されたお手入れ簡単な着物です。着物を初めてみたい方やお仕事などでお召になる方にピッタリのお召し物です。
和装下着
着物を着用するときに必要な下着類です。 一般的な物から便利グッズまでご紹介しております。着物好きスタッフが日々新商品を探してご紹介しています。
和装品
着物を着用するときに小物の装飾は欠かせません。 衿元を変えてみたり、帯〆帯揚げを変えてみたりとチョットした小物の変化が全体の着物の印象を変えてくれます。
和雑貨
和柄の小物をご紹介しています。 海外からも注目されている風呂敷の文化など、日本には様々なエコグッズがあります。プレゼントにも喜ばれる帆布製品は人気商品です。
子供きもの
お宮参りの際の熨斗目、祝い着から七五三までの大切な成長過程の節目をお祝いいただく着物です。足袋まで揃ったフルセットですので到着後すぐに着用できます。
きらくやオリジナル商品
弊社で企画開発製造した商品です。 お客様の声をもとに作られた商品や、スタッフがあったら良いなと思っていた物など他店ではお取り扱いの無い商品をご紹介しております。
加工
弊店でお買い物いただいた際の加工をお受けしております。お仕立て、加工関係からお仕立てに必要な小物までご紹介しています。

文字サイズ小中大
振袖コレクション 和雑貨 男物 着物 洗える カジュアル着物特集 きものカフェ 織時
メールでのお問合せはこちら